ずっとスター☆トム・クルーズ作品

トム・クルーズ2度目の結婚相手は、数々のレッドカーペットに2人で登場していたニコール・キッドマンです。ニコール・キッドマンとは約10年もの間夫婦でした。とても仲良く離婚報道が出たときは驚きましたが、トム・クルーズから一方的な離婚申し出だったようで、ニコール・キッドマンはかなり驚いたようです。2000年12月24日に結婚10周年を迎えたときに、10周年記念パーティを開いて友人を招待して楽しく過ごしていたにもかかわらず、2001年2月に「和解しがたい相違」として離婚発表となりました。ファンならずとも、まさかの離婚でびっくりでしたがニコール・キッドマンにとっても青天の霹靂でかなり驚き激しく落ち込み鬱になったことを、かなり時を経て告白しています。

スターの座を不動のものに

ニコール・キッドマンは、トム・クルーズと結婚することをエージェントに話をしたところ「クルーズ夫人になることは、キャリアの終わり」と話され、エージェントに反対されながらもトム・クルーズと結婚しました。セレブビリティの2人は常に注目を集めていましたが、その当時のことを「まるで雲に浮いているようなフワフワしたものだった」と語っています。そしてスタンリー・キューブリック監督から、当時最大のセレブビリティ夫婦のトム・クルーズとニコール・キッドマンは映画のオファーを受け出演しています。仕事のことでは一切の妥協をしないトム・クルーズですが、このときはさすがに参ったそうです。1つの場面を撮影するのに何十回とテイクをとる撮影現場で、極限まで追い詰められ感情の切り替えもできなくなり、私生活にも影響を及ぼしました。トム・クルーズの葛藤している様子がスクリーンからもにじみ出ているほどです。そここそが、キューブリック監督の狙いだったのかもしれません。

トム・クルーズ出演リスト:1990年~2012年

  • 1990年(平成2年)・・・デイズ・オブ・サンダー:Days of Thunder 役名:コール・トリックル 車にバイク好きのトムは運転技術もセミプロ級。
  • 1992年(平成4年)・・・遥かなる大地へ :Far and Away 役名:ジョセフ 当時の奥さんニコール・キッドマンと共演。
  • 1992年(平成4年)・・・ア・フュー・グッドメン:A Few Good Men 役名: ダニエル・カフィ 軍事法廷サスペンスで、ジャック・ニコルソン、デミー・ムーアなども出演。アメリカで大ヒットとなった作品。
  • 1993年(平成5年)・・・ ザ・ファーム 法律事務所:The Firm 役名: ミッチ・マクディール  ジョン・グリシャムの小説を映画化した作品。
  • 1994年(平成6年)・・・インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア:Interview With The Vampire :The Vampire Chronicles 役名:レスタト 原作者はどうしてトムなのか?!とかなり批判していたものの、作品を見て大満足するだけではなく、広告まで掲載して前言を謝罪。ブラッド・ピットと初めての共演作品で、それ以降の共演はない。
  • 1996年(平成8年)・・・ミッション:インポッシブル :Mission: Impossible 役名: イーサン・ハント  初めてのプロデュース作品。そしてトムの持つプロダクション初となる記念すべき作品。
  • 1996年(平成8年)・・・ザ・エージェント:Jerry Maguire 役名:ジェリー・マグワイヤ(ゴールデングローブ賞 主演男優賞受賞・アカデミー主演男優賞ノミネート)この作品でのトムの演技もアカデミー賞間違いないといわれれる程の名演技。
  • 1999年(平成11年)・・・アイズ ワイド シャット:Eyes Wide Shut 役名:ビル・ハーフォード 公開5日後にスタンリー・キューブリック監督が亡くなり遺作になった作品。もちろん世界的大ヒット。
  • 1999年(平成11年)・・・マグノリア:Magnolia 役名:フランク・マッケイ (ゴールデングローブ賞 主演男優賞受賞・アカデミー主演男優賞ノミネート)3時間を超える長編作品で、カルト宗教の教祖を怪演して今でもカルト的な人気を誇る作品
  • 2000年(平成12年)・・・ M:I-2:Mission: Impossible II 役名: イーサン・ハント 2000年に公開された作品で興行成績第一位となった作品。シリーズ第二作目。
  • 2001年(平成13年)・・・バニラ・スカイ:Vanilla Sky :デヴィッド ニコール・キッドマンと別れてペネロペに走ったのでは?!と思わせたペネロペとの共演作品。
  • 2002年(平成14年)・・・オースティン・パワーズ ゴールドメンバー:Austin Powers in Goldmember :カメオ出演で映画版オースティン カメオ出演はトムだけではなく、スピルバーク監督も出演で観客はビックリ!
  • 2002年(平成14年)・・・マイノリティ・リポート:Minority Report 役名:ジョン・アンダートン SF映画で監督はスピルバーグ監督。
  • 2003年(平成15年)・・・ラストサムライ:The Last Samurai 役名; ネイサン・オールグレン (ゴールデングローブ賞 主演男優賞ノミネート)渡辺謙をハリウッド進出へ引き上げた作品。
  • 2004年(平成16年)・・・コラテラル:Collateral 役名:ビンセント サスペンス映画でトム・クルーズが悪役を演じたことでも話題になった。
  • 2005年(平成17年)・・・宇宙戦争:War of the Worlds 役名:レイ・フェリエ スピルバーグ監督作品で、この作品でトムは製作にも参加。
  • 2006年(平成18年)・・・ M:I:III:M:I-3 役名: イーサン・ハント シリーズ第3作目の作品。
  • 2007年(平成19年)・・・大いなる陰謀:Lions for Lambs 役名;ジェスパー・アービング ロバート・レッドフォードが監督主演を努めた作品。メリル・ストリープも出演の豪華なメンバー。
  • 2008年(平成20年)・・・トロピック・サンダー/史上最低の作戦:Tropic Thunder 役名:レス・グロスマン (ゴールデングローブ賞 助演男優賞ノミネート)主演ではないが面白い役どころを見事に演じている。
  • 2008年(平成20年)・・・ワルキューレ:Valkyrie 役名:クラウス・フォン・シュタウフェンベルク ヒトラー暗殺計画の指揮を執った実在の将校シュタウフェンベルク大佐を演じた作品。
  • 2010年(平成22年)・・・ナイト&デイ:Knight and Day 役名:ロイ・ミラー 共演者はキャメロン・ディアス。バニラスカイ以来となる久しぶりの共演。
  • 2011年(平成23年)・・・・ ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル:Mission: Impossible – Ghost Protocol 役名;イーサン・ハント 世界一のタワーをスタントなしで演じたトムは49歳。
  • 2012年(平成24年)・・・ロック・オブ・エイジズ:Rock of Ages 役名:ステイシー・ジャックス ブロードウェイで大人気の作品の映画化で、ロックミュージカル映画。
  • 2012年(平成24年)・・・アウトロー:Jack Reacher 役名: ジャック・リーチャー  往年のハード・ボイルド的な味わい高い作品で、大ベストセラーが原作で知的で味わい深い作品。

ミッション:インポッシブルとトム・クルーズの
大ファンが熱く語る、シリーズ第4作品目!