トム・クルーズ出演作品

誰もが認めるトップスターでありながらも、なぜかアカデミー賞主演男優賞とは縁がないトム・クルーズですが、『ハスラー2』ではポール・ニューマンは生涯初となるアカデミー賞主演男優賞を受賞しています。ポール・ニューマンもかつて6回もノミネートされていながら縁がなく、『ハスラー2』で初受賞です。『レインマン』ではダスティン・ホフマンが2度目のアカデミー賞主演男優賞を受賞しています。相手役の素晴らしさを最大限引き出すことができるのも、トム・クルーズの魅力のひとつです。もちろん、トム・クルーズがなかなかアカデミー賞に縁がないのは不思議ではありますが、この作品では遂に取れるかも?!という作品の時と他の作品とタイミング悪い・・としか言い様がありません。

スクリーンデビューからトップスターの仲間入りまで

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』はシリーズ第4作品目で、次回のミッシン:インポッシブル5作目の時には50代のトム・クルーズがどんな演技を見せてくれるのか楽しみで仕方ありませんが、トム・クルーズが出演してきた映画は、はずれがない!!というほど質の高い作品から娯楽性の高い作品と、豊富な種類になっています。元妻ニコール・キッドマンと夫婦の時に共演した作品は、スタンリー・キューブリック監督の遺作にもなりました。どんな作品を見てもハズレがないのが、トム・クルーズの底力を感じます。

トム・クルーズが一番最初の結婚は1987年ですが1990年に離婚しています。おそらく?というクエスチョン付ではありますが、1998年に偶然目にした「デッド・カーム/戦慄の航海」で、ニコール・キッドマンに目を奪われトム・クルーズはニコール・キッドマンを招いて映画共演した作品「デイズ・オブ・サンダー」を機に、ニコール・キッドマンと再婚します。トム・クルーズがデビューしてから1度目の結婚するまでに出演した映画作品をまとめてみました。

トム・クルーズ出演リスト:1981年~1989年

  • 1981年(昭和56年)・・・エンドレス・ラブ:Endless Love 役名:ビリー 主演のブルック・シールズの美少女ぶりが凄すぎる。とってもキレイ。トム・クルーズは、本当にちょい役の数秒出演。ぜひトムを探して欲しい。
  • 1981年(昭和56年)・・・タップス:Taps 役名: デヴィッド・ショーン  ショーン・ペンも出演。学園映画でありながらも内容はしっかりしている作品。
  • 1983年(昭和58年)・・・爆笑!?恋のABC体験 役名:Losin' It 役名: ウディ コメディ映画で舞台は1960年代のアメリカです。
  • 1983年(昭和58年)・・・アウトサイダー:The Outsiders  役名:スティーヴ フランシス・フォード・コッポラの三部作。ロブ・ロウ、マット・ディロンと若手人気スターが沢山出演の青春映画。
  • 1983年(昭和58年)・・・卒業白書:Risky Business 役名;ジョエル・グッドソン(ゴールデングローブ賞 主演男優賞ノミネート)ワイシャツにブリーフ姿でダンスするシーンが特に有名で、トムの出世作品の青春映画。
  • 1983年(昭和58年)・・・トム・クルーズ/栄光の彼方に:All the Right Moves  役名:ステフ 学園もの映画で、日本では劇場公開はしていません。日本語タイトルの付け方はいったいなぜだ?!と思おうほどダサい。
  • 1985年(昭和60年)・・・ レジェンド/光と闇の伝説 :Legend 役名:ジャック 北欧神話が題材になっているファンタスティクアドベンチャー
  • 1986年(昭和61年)・・・ トップガン:Top Gun  役名:マーベリック  メグ・ライアンもちょい役で出演しているだけに、若手俳優の出世作品と言われるだけあり名演技。トム効果でレイバンアビエーター型サングラスやフライトジャケットが大流行。
  • 1986年(昭和61年)・・・ハスラー2:The Color of Money 役名: ビンセント ビリヤードブームの火付けはこの作品。この作品からプールバーなど一気に増えた。
  • 1988年(昭和63年)・・・ カクテル:Cocktail 役名; ブライアン・フラナガン  派手なカクテルパフォーマンスが大人気になり、カクテル人気に一役買った作品。
  • 1988年(昭和63年)・・・レインマン:Rain Man  役名:チャーリー・バビット  まさに名作!アカデミー賞作品賞・監督賞・脚本賞・主演男優賞と独占。
  • 1989年(平成元年)・・・7月4日に生まれて:Born on the Fourth of July  役名:ロン・コーヴィック (ゴールデングローブ賞 主演男優賞受賞・アカデミー主演男優賞ノミネート) 名演技で受賞を逃したのが本当に惜しいほど。監督は巨匠のオリバー・ストーン。

ミッション:インポッシブルとトム・クルーズの
大ファンが熱く語る、シリーズ第4作品目!